1.研究発表の前に


 皆さんはCI(コーポレートアイデンティティ:以下CIと略す)という言葉を御存知でしょうか?一般的には会社などが存在する目的やその考え方を誰が見ても理解できるようなカタチに表現する行為とでも言うのでしょう。その行為を一つの基本線として我が社が進むべき方向として印象付けることがCIの確立とも言えるのです。
 では、具体的にどんな行為や物に反映させるのでしょう?

  ●存在の意義(又は主旨)
  ●会社名
  ●人員配置
  ●営業方針
  ●広報活動
  ●VI(主にロゴやイメージカラーなど)

 大体、こんなところではないでしょうか?簡単にではありますがこう書けばよくありがちなCIとVIの違いがはっきり解かりますね。しかし残念なことに大多数の会社(人)はこの違いを理解されていないのです。過去に依頼された仕事の中には、『うちのCIを構築してください』なんて大胆かつ過激なリクエストも少なくありませんでした。そんな時は速やかに『それでは私を御社の社長にしてくれるんですね?』なんて皮肉ったことも何度かあります。いや、冗談ではなくホントの話なのです。
 当研究室は、既に会社のオマケではなくなってきた法人WebとCIの関係を掘り下げ、より良い内容のホームページ作りのヒントとなるよう制作いたしました。ですが、何を入れ込むか等の具体的な内容に振れるのはあえて控えました。自社のCIをよく理解されている貴方ならそんなことは大きなお世話と思ったからです。

 例によって、この研究室も特定の会社を誹謗中傷している訳ではありません。気分を害されたり読むに価しないと判断された時点でご自由に退出なさってけっこうですが、部分的ウケウリは貴方自身の不利益になる場合がございます。パクるのであれば、必ず全章を読んでから、とだけ付け加えておきます。更にご意見・お誉めの言葉などがございましたら、是非メールを頂ければと思っております。